通帳と印鑑は別々に

  • RSS

印鑑というのは、種類によってさまざまな効力を発揮します。銀行印は金融機関での取引に使われるものです。そのため、自分の財産に直接かかわってくることも少なくはありません。ですから、銀行印の取り扱いには充分に注意する必要があります。

【銀行印が必要とするみなさんへ】
銀行印は銀行へ登録する金銭関係に最も重要な印鑑です。実印や認め印とは分けて使いましょう。銀行への貯金などに使用します。認め印等と区別しやすいように銀行印は縦彫りと横彫り(右から左へ)があります。

その最たる例が金融機関口座のけん要は絶対に避けましょう。不正使用なのですが、こうした悪用が起きてしまうのは、得てして銀行印などの取り扱いに不注意があるからなのです。

たとえばですが、知らない人に自らの銀行印を見せたり、押印した紙などをあげてしまったとします。もしかしたらそこから印鑑をコピーされて偽造されてしまい、あまつさえ通帳まで奪われてしまえば、それだけでもうその財産は戻ってこないと思った方が良いでしょう。

気をつけなくてはいけないのは、通帳と印鑑を一緒にしておかないことです。一緒くたにまとめておくと、通帳も印鑑も一緒に盗まれてしまう可能性もでてきますし、悪用される可能性を自ら高めてしまいます。

なので、できる限り別々に保管したり、もしくはいつも肌身離さず持って歩くといった対策を採った方が良いでしょう。
また、銀行印を認印として使用する人もいますが、それは自分の銀行印を他人に曝しているのも同じですから、認印との兼用は絶対に避けましょう。どこから情報が漏れるかわかりませんから、用心はしておくにこしたことはありません。
最近では銀行印の悪用も減ってきたとはいえ、それでも犯罪は日夜行われているのですから、銀行印の取り扱いは充分に注意しましょうね。

このページの先頭へ