定期的に印鑑を替えるのもあり

銀行印イメージ

金融機関で口座を作ったり、預貯金や振り込みなどをするときに活躍する銀行印ですが、ふとした時に「あれ?どこにやったっけ?」なんてこと、経験はありませんか?
単純に家の中でしまった場所を忘れてしまった場合ならまだよいのですが、いくら探してもみつからず、どこかに落としてきてしまったり、誰かに持っていかれてしまったりしている可能性がある場合は、要注意です。

【実印が必要なあなたへ】

家や車を購入する時、必要なモノは実印!人生の節目に登場する実印をネット通販No1のハンコヤドットコムでいかがですか

もし誰かに拾われた、もしくは盗まれてしまったのだとしたら、あなたの口座のお金がピンチです。
銀行印を悪用して、いたずらや、預金全部を盗まれてしまう可能性だってでてきます。
そんなことにならないためにも銀行印を紛失したと気づいたら、すぐさま新しい印鑑を用意して銀行に向かい、新しく銀行印を登録しましょう。
それが悪用を防ぐための一番の近道です。

銀行印の登録には、専用の用紙に記入して新しく登録する印鑑を押すだけの簡単な作業なので、特別時間も取られませんし、なるべく早く新しく印鑑を登録しに行くことをおススメします。
そしてその際は、身分証明になるものと預金通帳も一緒に持っていきましょう。
最近は銀行の方でも防犯に力を入れているため本人確認を求められるのが常になっていますから、忘れないで持っていきましょう。

また、新しく登録する際の印鑑は、時間がなければ三文判などでもよいですが、できれば防犯のためにも少し複雑な形の印鑑であることが望ましいですね。
銀行印の変更はいつでもできますから、定期的に印鑑を変えるというのもありかもしれませんね。

ページの先頭へ